メディア画像のファイル名の改ざん

メディア画像のファイル名の改ざん

ウイルス駆除のご依頼を頂いたお客様の中にはアップロードした画像のファイル名まで「改ざん」されているケースが良くあります。当然その画像は表示されず記事の画像は非表示となります。

グーグルからはリンク切れとみなされ放置しておくとユーザーからのサイトの信用を失うだけではなく、グーグルからも検索で嫌われてしまいかねません。例えば「img.png」というメディアのファイル名が「img.p0064」といったように改ざんされていることがあります。当然拡張子を改ざんされているのでホームページ上では画像は表示されなくなってしまいます。

一度感染してしまうとこのようなファイルを探しながら地道に削除していくか、もしくは改めてファイル名を1つずつ元に戻して画像が表示されるようにする作業が発生致します。記事の数や画像の数が多ければ多い程このケースは修復に時間がかかり工数も多くかかってしまいます。

工数が増えるということは予算(見積り)の額も増えてしまいますので予めの予防やウイルス対策が必要になってくるのです。中にはサイトの構築費用よりもウイルス駆除にかかる費用のほうが大きくなるケースもございますので十分にご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA