ワードプレスがハッキングされやすい理由

ワードプレスがハッキングされやすい理由

ワードプレスがハッキングされやすいことは多くの方がウイルス感染している惨状を見ていても周知のことです。では、なぜハッキングされやすいのでしょうか。

その理由はログインURLが皆さん一律に同じだからという理由が挙げられます。ワードプレスを自身のドメイン(サーバー)にインストールするとログインURLは「ドメイン+wp-login.php」というアドレスになってしまいます。これは誰もが同じ仕様なのでそこをハッカーは突いてくるのです。

どのホームページもログインURLが「ドメイン/wp-login.php」だとしたら、それはもうハッカーにとってはもってこいの獲物となってしまうのです。このため、敢えてログインURLを変更できるプラグインも存在しますし、ログイン画面に認証機能を付け加える方も多くなってきました。

しかし、まだまだ認識を甘くお考えの方や、そもそもその事実や対処法を知らない方が多く感染してしまっているようにお見受けします。そのために「ワードプレス救済所」のようなサービスが存在するわけですが、もちろん感染しないに越したことはございません。

ハッキングに対する対処法はネットにたくさん載っておりますので是非皆さんも感染しない対策を心掛けて頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA