最近多発しているワードプレスのデータベース不正改ざん問題

最近、私が多くご依頼を受けるワードプレスのハッキング問題として、データベース自体を改ざんされているケースが多く見られます。当然ご自身のホームぺージアドレスをクリックすると強制的に別のサイトへリダイレクトされる訳ですが、その方法が今までの改ざんとは違ってきたのです。

今まではワードプレス本体のPHPファイルの改ざんによりリダイレクトされておりますたが、昨今はデータベースの中身にまで深くウイルスが侵入して改ざんが行われております。

記事1つ1つに対して不正リダイレクトを掛けられているケースもあれば、トップのインデックス(トップページ)だけが改ざんされているケースもあります。前者の場合はサイトのページ数多ければ多いほど復元(駆除)することがとても困難となります。

しかし、データベースにもエクスポート&インポートという機能がありますのでこの機能を使えばある程度改ざんされたURLを一括変換して正常化し、そしてインポート機能を使ってサイトへ反映させるという方法がベストです。

そうは言いましても改ざんされた側としてはとても焦りますし不安にもなります。そのような悪質な不正改ざんやハッキングに足してもワードプレスウイルス対策所では適時ご対応をさせて頂きますのでご安心下さい。

すでに何件かの知見もございますし実際に感染していたお客様のサイトを正常化させて頂いております。
お問い合わせやご相談はお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA